食器はどうやって洗う?食洗機と手洗いの違い

お料理をすると
必ず発生する食器洗い

昔は手洗いするのが当然でしたが
今では食洗機を使う家も増えてるとか

食器を手洗いする場合と
食洗機で洗う場合

どんなメリットや
デメリットがあるのでしょうか

食洗機とは

 

食洗機は食器洗い機の略称
名前の通り、主に食器を洗うための機械です

最初からキッチンに組み込まれている
ビルトインタイプのものもあれば
後付けで置ける卓上タイプもあります

機能や性能も細かく分ければ様々ですが
一言でいえば食器類を洗って乾かす機械です

 

食器洗いにかかる費用

食洗機の場合

食洗機を導入する場合
どうしてもかかってしまうのが
初期費用です

価格は数千円のものから数万円のものまで
機能やメーカーなどにより様々です

いきなりまとまったお金を出すのは…
と不安な方はレンタルという手もあります

手洗いの場合

使用するのはスポンジと洗剤
こまめに替えても月々数百円で済みそうです

食器洗いにかかる時間

食洗機の場合

予洗いを含めても
スタートボタンを押すまで数分でしょう

 

手洗いの場合

家族の人数や食器の量にもよりますが
だいたい20分くらいでしょうか
食洗器と比べるととても長く感じます

拭く手間を考えると
乾燥機能のついた食洗器の場合
さらに差が生まれそうです

食器洗いにかかる電気代・水道代

食洗機の場合

手洗いに比べて
乾燥する際に電気代がかかりますが

手洗いよりも水道代を節約することができます
どのくらい安くなるかは機械や洗い方によりますが
電気代を考慮しても手洗いより安く済みそうです

 

手洗いの場合

電気代はかかりませんが
食洗器よりも水道代がかかります

どんなに節水に気を付けていても
機械には勝てそうにないです・・

食器洗いに必要な場所

食洗機の場合

ビルトインタイプのものは
キッチンに組み込まれているので
邪魔になることはありません

しかし、その分収納スペースが少なめ
なんてことがあるかもしれません

後付けで置ける卓上タイプは
設置できるスペースが必要です
食洗器の大きさは様々で
必要なスペースも食洗器によりますが

もしかしたら
これまで作業スペースや
収納スペースとしていた場所を
使わなければなりません

手洗いの場合

洗剤とスポンジが置ける場所さえあれば
洗うことができるので省スペースで済みます

食器洗いに必要な洗剤

食洗機の場合

粉末タイプ・ジェルタイプ・
タブレットタイプなどがあります

いずれも食洗器用の洗剤が必要です

 

手洗いの場合

ジェル・液体タイプがほとんどです
汚れの種類によって洗剤を使い分けたり
肌荒れしずらい成分が含まれていたりと
食洗器用よりも種類が豊富です

 

食器洗いの仕上がり

食洗機の場合

洗っている最中に汚れの落ち具合を
確認することができないので
汚れが取れていない場合は終わった後に気付きます

予洗いが不十分だったり
汚れがひどかったりすると
洗い上がりが満足にいかないこともあります

 

手洗いの場合

汚れが取れていない場合
洗っている最中に対応できるので
仕上がりに不満があることは少ないです

しかし、しつこい汚れに
1人で向き合わなければいけないのは
まれにストレスになったりします…

 

食洗機の寿命

食洗機も機械なので
ある程度の年月が過ぎると
故障や不具合が発生します

食洗機にもよりますが
だいたい7年~10年と言われています
他の家電と同じくらいですね

終わりに

食洗機と手洗い
どちらもメリットデメリットがありました

自分のライフスタイルや価値観をもとに
決めてみるのがいいのではないでしょうか

1+
覆面調査・ミステリーショッパー 覆面調査・ミステリーショッパーの『ファンくる』

覆面調査・ミステリーショッパーの『ファンくる』。専門調査員ではなく、消費者参加型の覆面調査(ミステリーショッパー)サイト。5000件以上の飲食店や商品から気になるモニターを体験、簡単なアンケートに答えて謝礼をGET!

ログイン/新規無料会員登録

ログイン・新規会員登録へ進む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください