覆面調査(ミステリーショッパー)とは

覆面調査(ミステリーショッパー)とは

覆面調査(ミステリーショッパー)は、調査員が、調査員であることを隠して実際に店舗に来店し、通常のお客様と同様に飲食をします。
調査員は、実際に飲食しながら「料理は美味しいか」「注文のタイミングは適切か」「お店は清潔に保たれているか」等の項目についてチェックしています。
調査員が退店後に書いたレポートは後日そのお店に届きますので、店長や本部スタッフでは目が行き届かない、リアルな現場情報を得ることができると共に、調査員が指摘した店舗の課題を、本部・店長・スタッフ全員で共有することができます。

なぜ覆面調査(ミステリーショッパー)を飲食店に導入した方が良いのか

目が行き届かない!を感じたら、覆面調査(ミステリーショッパー)です。

店長も、SVも、マネージャーも、日々忙しい業務の中でできるだけ現場に立ち、店舗の質を上げようと努力されていることと思います。
それでも、3店舗、5店舗、10店舗、30店舗、50店舗…と店舗が増えれば増えるほど現場以外の仕事が増え、また関わるスタッフの数も増えてマネジメントは大変になります。
本部からのマニュアルは浸透しているか、スタッフの教育は行き届いているか、店舗は常に清潔に保たれているか…等、チェックしたい項目は多岐に渡ります。
時間が足りなくて、とても全部見れない!! そう思った時が、「お客様から見てどうなのか」をチェックできる覆面調査(ミステリーショッパー)の出番です。
マネジメントの補助ツールとして、「お客様目線」の現場情報をお届けします。

目が行き届かない!を感じたら、覆面調査(ミステリーショッパー)

「もう一度来店してもらえるお店作り」を強力にサポートします。

「すてきなお店」は、「もう一度来店して頂けるお店」です。
お客様がどんなお店を「すてきなお店」だと感じるかは、お客様に聞くのが一番です。
覆面調査(ミステリーショッパー)は、リアルなお客様の声を店舗にお届けするサービスです。どんな接客がお客様の心に響くのか、退店するときに「また来たい」と思って頂く為には、どこを改善するべきなのか。
お店毎に異なる課題を分かりやすく示し、「また来たい」と思っていただくお店作りを強力にサポートします。

もう辞めさせない!アルバイトさんたちのモチベーションUPに繋がります

「あなたのお店のスタッフで、お客様の心に響く素敵な接客ができるのは誰ですか? すぐに顔と名前が浮かびますか?
彼(彼女)の接客のどこが素晴らしいのかを分かりやすく他のスタッフと共有できれば、全てのスタッフのスキル向上に繋がります。
覆面調査(ミステリーショッパー)を使えば、調査員がお客様の視点で実際に飲食しますから、「●●さんのこの接客が素晴らしい」とスタッフの名前付きのコメントを集めることが可能です。
このコメントをスタッフ間で共有することで、名前を出して褒められることによるモチベーションUPや、他のスタッフの接客スキル向上に役立ちます。アルバイトさんたちがモチベーション高く仕事をする、生き生きとした職場作りも覆面調査(ミステリーショッパー)がお手伝いします。

覆面調査(ミステリーショッパー)の調査結果の活用法

スタッフミーティングでポジティブな議論を生み出します

覆面調査(ミステリーショッパー)の結果は、スタッフミーティングの議題にすることをお勧めしています。
調査員が指摘した事項についてどう改善していくか、忙しい曜日や時間帯でも丁寧な接客をするために何を心がけるかは、全てのスタッフが同じ目標に対して取り組むことが大切です。
覆面調査(ミステリーショッパー)の結果が上がることが、お客様にとってより良いお店になる、ということです。どんどんスタッフミーティングで議題にして、活発な議論を交わしてください。

スタッフミーティングでポジティブな議論

レポートで名前があがるスタッフを、どんどん表彰してください

覆面調査(ミステリーショッパー)では、すてきな接客をしたスタッフの名前を調査員がレポートに書くことができます。アルバイトさんにとって、自分の名前が書かれる、というのはとても嬉しいことです。
でも、それだけではなく、名前があったスタッフを店長さんや本部がどんどん褒めて、「君のおかげで今の店舗がある、ありがとう」と言葉を惜しまずに伝えてください。
仕事をしていて、褒められる・お礼を言われることほど嬉しいことはありません。「もっと頑張ろう」とモチベーションが高まると共に、他のスタッフも「次こそは自分が」とやる気が上がり、店舗の良い雰囲気を作ることができます。

従業員は覆面調査(ミステリーショッパー)をどう思う

レポートを一番心待ちにしているのは、実は店舗スタッフです

覆面調査(ミステリーショッパー)を導入するにあたってよく聞かれる不安に、「店舗の粗探しをするツールとして受け取られて、店舗と本部の乖離が大きくなるのではないか」というものがあります。
店舗に何の説明もなしに導入してしまうと、この不安が現実になってしまう可能性も勿論あります。
ですが、「今よりももっと良い店舗を作りたい」と思う気持ちは、店舗も本部も同じです。素晴らしいスタッフを褒めるために、今よりももっとお客様に喜んでもらうために、という目的を説明すれば、覆面調査(ミステリーショッパー)の導入に嫌な顔をするスタッフは確実に減っていきます。
実際に覆面調査(ミステリーショッパー)を導入している店舗の中では、レポートを一番心待ちにして、より良い店舗を作るためにやる気を出しているのは店舗スタッフだ、というお店もたくさんあります。

ファンくるの覆面調査(ミステリーショッパー)はここが違う!他社比較

業界最安値の覆面調査!

最安!

私たちがご提供する覆面調査(ミステリーショッパー)サービスであるファンくるは、他社に比べて1レポートあたりのコストを約3分の1に抑えています。
調査員が作る店舗売上を超えない範囲でレポートを取得できますので、実際の持ち出し無しで覆面調査(ミステリーショッパー)を導入することが可能です。
1レポートあたりの単価が低いので、
・ランチとディナーの両方で調査したい
・サラリーマンや家族連れなどいろいろなタイプのお客様がいるので、1ヶ月にいろいろな方から5レポートくらい集めたい
・QSCの定点チェックのために、毎月調査を実施したい
等、様々なニーズに細かく対応することが可能です。

レポートは来店から数日で提供!!

最速!

来店してからフィードバックが速いので、タイムリーに店舗での改善活動に活かせます。
従来の覆面調査(ミステリーショッパー)の多くは、調査員が来店してからレポートを書き、添削・集計して報告書として飲食店に納品するまでに1か月程度かかるものでした。
この点ファンくるは、調査員が来店してからアンケートを書き、弊社内で添削してOKが出たものはリアルタイムに管理画面にアップされていきますので、来店から最短3日でレポートの確認が可能です。
スタッフの記憶が新しいうちに、その日の接客品質や新メニューの提供スピードなどさまざまな情報を素早くキャッチして、すぐに次の改善活動に活かすことができます。

数多くのレポートが集まる!

最多!

従来の覆面調査(ミステリーショッパー)は、1ヶ月に1店舗1レポートを納品する、というサービスが多くを占めていました。
しかし、その調査員が来たその日・その時間だけ店長が不在だったり、シフトが薄かった等の理由で、レポートの評価が低くなるかもしれません。 また、そのレポートには辛口のコメントばかり書いてあったとしても、もしかしたら他の多くのお客様は、もっと店舗のことを高く評価しているかもしれません。
その点、ファンくるは1ヶ月に5~10件のレポートを集めますので、さまざまな日・時間帯に来店しますし、調査員の属性も多様です。
複数のレポートを確認することで、「たまたまその日だけ」良いサービスができなかったのか、それとも「毎週この曜日は評価が低い」のか、店舗をもっと良くするための課題が具体的に見つかり、効果の高い改善活動に繋げることができます。

まずは気軽にご相談ください!

すべては、日本の外食産業を世界一にするために!

ファンくるは日本中の飲食店を応援しています。

  • 法人お問い合わせ専用ダイヤル

    050-5263-4212

    ※[営業時間]10:00~19:00(土日祝日・年末年始を除く)

  • 資料請求・お問合せ